2019.12.26

株式会社ファルマステップ
代表取締役 三浦照久

他業種と連携した、より良い薬局運営を

希望を叶えて社長就任

北里大学大学院卒業後、製薬企業の研究所に勤めていましたが、直接的に患者様と関わりたい、薬局を自分で経営したいと考えるようになり、薬局へ転職をしました。その後、前職である株式会社田無薬品に入社し、そこで在宅医療をはじめとした、地域に根付いた薬局のあるべき姿について多くの事を勉強させていただきました。その後、CHCPから資本提供を受け、田無薬品からのれん分けという形で、当初は薬局3店舗がCHCPのグループ入りし、私自身はかねてから希望していた薬局経営者として、今のファルマステップを始めることになりました。
CHCPの根底にある地域にあった医療プラットフォームづくりの考えにも賛同できました。CHCPには現在まで多くのサポートをして頂いてきているので、新しい挑戦でもやりにくいことや苦になるようなことはありませんでした。

2年間で3⇒15店舗まで

この2年間無我夢中で働いていたら、店舗が増えていたという感じです。2年間で2〜3店舗の事業譲受を数回行いました。M&Aを契機に会社を始めた私が、M&Aで薬局を引き受けるというのは面白い巡り合わせですね。そうした経緯の中で経営者として良かったと思える点はスタッフが生き生きと働いてくれていることです。前職から一緒に来たスタッフは今でもみんな元気に一緒に働いてくれていますし、M&Aで入社した多くのスタッフにも前職の時以上に活躍してもらっています。会社や代表が変わったからという理由で退職した方はいないですね。

CHCPグループの良さ

運営については各グループ企業や薬局の意見を尊重してくれるのでやり易いですね。新しい取り組みにも積極的に後押ししてくれていますし、ICT化など薬局が今後対応すべき機能についても常にサポートをして頂けるので運営自体は円滑に進んでいます。CHCPグループ全体としては、規模がどんどん大きくなって来ているのも心強い点です。また、グループに医療機関があるのも大きな利点だと思っています。薬局として多職種との連携は今後欠かすことができないポイントですが、実際にそれができている薬局はまだまだ少ないのが実情ではないでしょうか?CHCPグループの薬局と医療機関の間では、連携について同じ目線を持つ仲間として議論や取組ができる環境にあります。こうしたところもCHCPグループの大きな魅力になっています。

最後に

あまり偉そうなことは言えませんが、今後M&Aでファルマステップと関わることがあったときには、従業員、医療機関、取引先、患者様などファルマステップに係わる皆様がこの会社で良かったと思っていただけるのではないかと思っています。従業員の思い、経営者の思い、M&Aされた側の思い、M&Aする側の思い等々、様々な思いを受け止めて、より良い薬局運営を進めていきます。私で良ければいつでもお話しさせていただきますので気軽にご連絡ください。

CHCPについて